おたよりの季節の挨拶文事例-9月-

この記事は2分で読めます

保育ひろば

保育園や幼稚園のおたよりの挨拶文の例文を紹介します。夏休み明けのおたよりだったり、10月に運動会を行う園は運動会関連の内容を入れるおたよりだったりしますよね。

 

 

運動会用もあります(*´∀`*)→おたよりの季節の挨拶文事例-運動会-

 

 

少しでも参考になれば(*´∀`*)

 

 


極上の潤い体験をアナタに・・・

 

 

9月のおたより

夏休み明けのに発行されるおたよりの挨拶文です。

 

 

  • 残暑が厳しく、涼しい秋の訪れが待ち遠しいこのごろです。今日から夏休みを終え、通常保育が始まります。久しぶりに登園してきた子ども達も笑顔がたくさん見られ、保育者や友だちとの再会を喜んだり、夏の出来事を話してくれたりなど、園はとても賑やかになりました。夏季保育中、大きな事故や怪我もなく、一人一人の元気な子ども達に会うことができたことを職員一同嬉しく思っています。夏ならではの楽しい経験ができ、思い出もたくさんできたと思います。立秋は過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きます。運動会へ向け、リズムあそびや体を動かして楽しむ活動をたくさんしていきます。体調に気を配り、元気に楽しく園生活ができるようにしていきたいと思います。ご家庭でも、早寝早起き、朝食をしっかり食べる等心がけ、一日元気良く過ごせるよう、ご協力お願いいたします。

 

 

 

 

  • 夏休みが終わり、今日からまたクラスでの生活が始まります。夏の間のできごとを、「おばあちゃんちに行ったよ」「プールでね・・・」「おうちでお母さんお父さんと遊んだよ」などと嬉しそうに、保育者や友だちに話す子ども達。そんな姿を見て、家族での素敵な夏を過ごすことが出来たのではと嬉しく思いました。また、久しぶりにクラスの友だちがみんな揃い、嬉しそうな表情を浮かべる子ども達。まだまだ暑い日が続いていますが、子ども達と元気いっぱい遊んでいきたいと思います。

 

 

 

 

  • 子ども達は暑さに負けず、天気のいい日には気持ちよさそうに水遊びを楽しんでいます。水に顔をつけても平気でワニのように泳いで楽しむ子、ペットボトルシャワーから水が出てくる様子を楽しむ子、ハンカチを洗濯してロープに干して洗濯バサミでとめるのを楽しむ子、それぞれの楽しみ方で水と関わっています。9月は天候に合わせながら、引き続き水遊びを楽しんだり、散歩にでかけたり、戸外で追いかけっこやリズム遊びをしたりしていきたいと思います。

 

 

***随時追加します***

 

 

 




 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング

アーカイブ

こちらの記事もどうぞ