しそジュースを作ってみました!

この記事は2分で読めます

保育ひろば

畑に生えている赤紫蘇(あかしそ)を使って、しそジュースを作ってみました。シソジュースは飲み始めると癖になるおいしさ(笑)人によって好き嫌いはあると思いますが、お母さんやおばあさんには好評でした!

 

友達の保育園ではおやつにシソジュースが出ることもあるそうです。



しそジュースの作り方

【材料】

  • 赤紫蘇100g
  • 氷砂糖250g
  • 食酢15cc
  • 水500ml

 

 

【作り方】

①葉っぱを取って、念入りに水洗いする。

image

 

image

 

 

②しその分量を測る(多少前後しても大丈夫)。

 

③水を沸騰させてしそを投入!

 

④3分程度湯がきます。長く湯がくと苦味が出る場合もあるそうです。

 

⑤ざるに取って絞る。

image

 

⑥手ぬぐいやタオルなどでギュッと絞る。

 

⑦絞り汁を鍋に戻し、氷砂糖を入れて溶かす。

image

 

image

 

⑧鍋に食酢を入れる。

image

⑨冷まして出来上がり!



しそジュースの搾りかすでゆかり作り!

しそジュースを作った後に残る「搾りかす」ももったいないので、「ゆかり」を作ってみました!

 

【材料】

  • しそジュースの搾りかす 適宜
  • 塩 適宜
  • クエン酸(食酢やレモン果汁でも大丈夫です) 適宜

 

 

【作り方】

①しそジュースを作った後にでる搾りかすをボールに入れて、塩を適当に振り、揉み込む。

image

 

 

②しっかり揉むと紫の汁が出てきます。この汁は捨てます!

 

③クエン酸を振りかけてさらに揉みます。赤い汁が出てきます!ここでしっかりと赤色を出すのがポイントです。赤い汁は捨てずに一緒にビニール袋に入れいます。

 

***今日はここまで***

image

 

 

④ビニール袋などに入れて冷蔵庫で一晩保存します。

 

⑤天気のいい日にざるに広げて干します。

次の日天気が良かったので干しました!

image

 

 

エアコンの室外機の上で干しました。ざるが無かったので、巻きすで干しました(笑)猫に触られると嫌だったので、ザルで囲ってみました。

image

 

 

 

⑥乾燥したらすり鉢で擦ります。茎の部分を取り除いておくといいです!フードプロセッサーがあれば、乾燥したシソと塩を入れてあっという間に出来上がりです。

 

⑦ある程度擦れたら塩を入れていきます。味見をしながらお好みのところでストップ!

 

 

 

作った感想

思ったよりも簡単に出来ました!しそジュースはクエン酸やレモン果汁だとスッキリと飲めるそうですが、なかったので食酢で代用してみました。ちょっと酢の香りがします(笑)でも、おいしく飲めました。

 

ゆかりは、既成品の鮮やかな色ではなさそうですが、出来上がりが楽しみです。ゆかりを作る時に、紫蘇を揉んでいたら手が染まりました(笑)

image

 

石鹸であらったら、泡が青くなりました(*´∀`*)子どもと一緒に作ったら、手洗いの時も楽しめそうです。科学の実験みたいです。

image

 

あとは、紫蘇を天日干しして、擦る工程です。梅雨の合間の晴れがあるかな~。自家製ゆかりも楽しみです!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング