おたよりの季節の挨拶文事例-夏休み前-

この記事は2分で読めます

保育ひろば

夏休み前のおたよりの挨拶文などを紹介します。7月後半に発行することが多いですね。8月から夏休みのところは、8月おたよりとなると思います。



挨拶文

  • 厳しい日射しや暑さを感じる日も多くなり、いよいよ夏本番です。子ども達は色水遊びやプール遊びなど暑さがマスに連れ、自然と水と仲良しになり、水の心地よさを感じながら楽しんでいます。7月○日から8月○日までの期間、夏季保育となります。夏季の間は、この時期ならではの様々な体験ができる機会でもあります。長いお休みに入る子もいます。不規則な生活になりがちでもあると思いますが、ご家庭で生活のリズムを整えながら、夏ならではの生活をお子さんと共に楽しみ、楽しい思い出がたくさんできることを祈っています。

 

詳しくはこちらをどうそ

おたよりの季節の挨拶文事例-7月8月-

 

 

運動会用もあります(*´∀`*)

おたよりの季節の挨拶文事例-運動会-

 

 

 

夏の約束

【夏の生活について】

  1. 早寝早起きをしましょう。
  2. 挨拶やお礼をいいましょう。(おはよう・こんにち・おやすみなさい・ありがとう など)
  3. 遊んだ後の後片付けをしましょう。
  4. お手伝いをしましょう。

 

 

【安全について】

  1. 危険な場所に行かない(川・池・用水路など)
  2. マッチやライター等で遊ばない。子どもの手の届く所に置かないようにしましょう。
  3. 花火は大人の人と一緒にしましょう。
  4. 知らない人には絶対についていかないようにしましょう。

 

 

 

【健康について】

  1. 戸外で遊ぶ時は帽子をかぶるようにしましょう。
  2. 睡眠時間はたっぷり取りましょう。
  3. 暴飲暴食をしないようにしましょう。(バランスの取れた食事をしましょう)
  4. 手洗いうがいをしっかりし、食中毒や伝染病に気をつけましょう。
  5. 食後の歯みがきをしましょう。

 

 

 

【交通安全について】

  1. 交通ルールを守り、事故のないようにしましょう。
  2. 自転車は広場など安全な場所で乗りましょう。
  3. 保護者の方が交通ルールのお手本を見せましょう。
  4. 右側歩行、手挙げ横断、左右の確認、信号をよく見る、飛び出しをしない、道路で遊ばないなどルールを守りましょう。

 

 

*6歳未満児の子どもについては、道路では責任ある大人と一緒でなければならない、また、満6歳までチャイルドシート、ジュニアシートの着用が義務つけられています。



締めの文

  • 夏の生活は、暑さから生活リズムが崩れやすくなります。早寝早起きの習慣、歯みがきの習慣などを決めて、継続できるようにしましょう。お子さんと一緒に話し合い、規則正しい生活を送り、健康で楽しい毎日を過ごせるよう心がけましょう。ご家族一緒にゆったりと過ごし、親子で十分触れ合い、楽しい思い出ができることを願っています。また、子ども達が家族の一員として自覚が持てるよい機会となるので、簡単なお手伝いを決めて、継続してやってみるのもいいかもしれません。健康で安全に過ごして、9月1日に全員元気で会えることを楽しみにしています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング