プール開き前に心肺蘇生法の講習を受けました!

この記事は3分で読めます

保育ひろば

暑い日が続いてますね!プール開きがありましました。プール開きの前には、心肺蘇生法だったり、AEDの使い方の講習が行われます。毎年講習を受けていますが、1年経つと忘れてしまいますね。

 

今回も看護師さんや消防士さんなどの指導が入り、しっかりと教わってきました。

 




 

救急の連携と市民の役割

  1. 心停止の予防:子どもの突然死の多くは未然に防ぐことができる!
  2. 早期認識と通報:落ち着いてはっきりと119番通報をする!
  3. 一次救命処置:救急車の到着前に心肺蘇生(胸骨圧迫)などの応急処置!
  4. 二次救命措置と心拍再開後の集中治療:救命救急士や医師が薬や器具を使って、高度な救命措置、専門家による集中治療

 

 

応急措置の必要性

脳に酸素が送られない状態が3~4分続くと脳に障害が残る恐れがあるので、早い対応が必要!!子どもの大切な命を守るためには、救急車が来るまでが勝負だそうです!

 

 

 

心肺蘇生のABC

A:気道確保(Air Way)

B:人工呼吸:(Breathing)

C:心臓マッサージ・循環(Circulation)

 

 

乳児・小児の心肺蘇生法の手順

簡単に書きます!詳しくは講習などを受けてくださいね!

 

 

  1. 周囲の状況確認。
  2. 反応を確認する。
  3. 反応無しの場合、助けを呼ぶ。(①119番通報してください、②AEDを持ってきてください、③多くの人を呼んできてください、④必ず戻ってくてください、と人を特定して依頼する)
  4. 呼吸をみる(10秒以内)。
  5. 胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を繰り返す
  6. 安静な体位

 

 

【胸骨圧迫】

  • 小児は片手で、胸骨の下半分を圧迫
  • 乳児、新生児は左右の乳頭を結ぶ線の少し下側を目安に指2本で行う。
  • 少なくても100回/分の速さで行う。アンパンマンマーチのリズムで行うとちょうどよい。
  • 胸の3分の1程度くぼむ深さで行う。

 

 

 

【人工呼吸】

  • 気道確保(頭部後屈、あご先をあげる)する。
  • 1回につき1分行う。
  • 鼻を指でふさぎ、口を完全に覆う。
  • 胸が膨らむ程度の強さで行う。
  • 新生児、乳頭は口と鼻一緒にふさいで行う。

 




 

AEDの効果

電気ショックを与えて電気的に除細動する。

心臓突然死の多くは、心室細動という重症不整脈により引き起こされるそうです。正常な心臓は「ポンプ」の役割をし、60~70/分で収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を送っています。心室細動になると、無秩序に細く「けいれん」しているので、「ポンプ」として働けず、やがて死に至るそうです。

 

 

AEDを使うときの確認!

  1. 体が濡れていないか:体が濡れている場合はタオル等で拭きとってください。電流が水を伝わって心臓へ流れにくくなります。
  2. 貼り薬などはないか(心臓、喘息等の治療薬):パッドを貼るのに貼り薬が邪魔な場合は、はがして、薬剤を拭きとってください。貼り薬が電気抵抗となって電流が流れるのを防いでしまいます。また、火傷を負う場合もあります。
  3. 心臓ペースメーカー、埋込み式の除細動器がないか:ペースメーカーが心臓に流れる電流を防ぐため、ペースメーカーから3cm以上離した位置にパッドを貼ってください。

 

 

 

まとめ

心肺蘇生法や人工呼吸、AEDを使わないに越したことはありませんが、毎年講習を受けて学ぶことは大事だなと思いました。

 

水遊びは楽しいですが、いつも以上に子ども達の安全を確保していきたいと思います!暑い夏を乗り切るためにも、安全で楽しい水遊び、プール遊びの援助を行っていきたいです。

 

 

 




 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 04.17

    耳を大切に

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング