出産後の準備のいろいろ-哺乳瓶、オムツ、沐浴-

この記事は2分で読めます

保育ひろば

赤ちゃんが産まれた時の準備。哺乳瓶について勉強したので、載せておきます。

 

 

 

 

乳首の選び方

乳首選びのポイントは、乳首の穴の形だそうです。丸穴、クロスカット、Yカットの3種類が基本で、赤ちゃんの飲む量や吸う力などによって選ぶとのことでした。

 

丸穴 S~Lサイズ。穴の大きさによって出る量が変わる。
クロスカット 吸う力によって量が調節できる。新生児から離乳食の時期まで長く使える。
Yカット 丸穴よりよく出る。生後2~3ヶ月以降がよい。

 

 

 

哺乳瓶の消毒方法

ほ乳瓶はミルクがついて雑菌が繁殖しやすいので、必ず消毒が必要とのことでした。ほ乳瓶と一緒に、乳首も消毒しましょう。

 

  1. 電子レンジ
  2. 除菌液
  3. 煮沸

 

3種類の消毒方法を載せておきます。

 

 

電子レンジ
市販の電子レンジ用消毒ケースに哺乳瓶と乳首を入れ、電子レンジで加熱。

 

 

 

除菌液につけ置き
哺乳瓶用消毒液に哺乳瓶と乳首を入れて、浸す。

 

 

 

煮沸
鍋にたっぷりのお湯を沸騰させて、哺乳瓶などを入れます。乳首は3分、哺乳瓶は5分を目安に煮沸。専用ハサミなどで引き上げて、そのまま乾燥させる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙おむつと布おむつ

紙おむつにしようか、布おむつにしようか迷いますよね。保育園ではほぼ紙おむつを使用していますが、布おむつの子もいます。どちらでもいいですが、布おむつを遣ってるお母さん達は「経済的だし、オムツが早く取れるかと思って」と言われることが多いです。

 

 

紙おむつ 便利!そのまま捨てれるし、洗濯しなくていい!でもお金はかかる。
布おむつ 経済的!でも洗濯の手間がある。

 

 

 

沐浴のいろいろ

沐浴のポイント!!

  • 沐浴は毎日しましょう。
  • 毎日できるだけ同じ時間に入りましょう。
  • お湯の温度は37度~40度くらいにしましょう。
  • 沐浴時間は5分~7分程度にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング

アーカイブ