発表会のお遊戯のいろいろ

この記事は3分で読めます

保育ひろば

運動会が終わると、すぐに発表会という園も多いのではないでしょうか。

 

 

11月終わりから12月半ばまでに行う園や、年が明けてから1月後半から2月半ばくらいに行う園もあると思います。

 

 

発表会のお遊戯や歌の演目については、毎年悩みのタネですよね(´;ω;`)

 

 

 

今まで見てきた演目ややってみたい演目を紹介します。あくまでも、その園でその年に行われてた演目なので、月齢や年齢に合ってない!と思われる部分もあると思いますが、その辺りは大目に見てくださいm(_ _)m

 

 

 

 

2歳児のお遊戯

  • 動物体操
  • サンサンたいそう
  • カエルなどの虫や動物になりきって、名前を呼ばれたら出ていく

 

 

2歳児でのお遊戯をあまりしたことがないので、知識も少ないですm(_ _)m

 

 

3歳児のお遊戯

  • そらまめくんのベッド
  • ノンタンのたんじょうび
  • もりのおふろ
  • 3匹のこぶた
  • 狼と七匹の子山羊
  • おおきなかぶ
  • 3匹のやぎとがらがらどん
  • てぶくろ
  • ぞうくんのさんぽ
  • どうぞのいす

 

繰り返しの多い題材がほとんどです。

 

セリフも友達数人と言ったり、動きも友達数人と動いたりと、小集団で動くように指導します。1人では緊張や不安から動けなくなったり、喋れなくなったりするので、少しでも安心して楽しめるように配慮します。

 

また、保護者が知っている内容のお話や絵本だと、流れがわかっているので見やすいというメリットがあります。子ども達のセリフが多少聞き取りにくくても、「多分、こう言っているんだな」と予想して観てくれるので、ありがたいです(笑)

 

 

 

4歳児のお遊戯

  • そらまめくんのベッド
  • 西遊記
  • さるかに合戦
  • 桃太郎
  • ねずみのすもう
  • ポンタの自動販売機
  • からすのパンやさん
  • ブレーメンの音楽隊
  • カニのニカ

 

 

繰り返しの多い題材でありつつも、4歳児なりのセリフや動きなどを取りれます。

 

3歳児でも扱える題材であっても、少し高度にしたものを演じることが多いです。

 

楽器に力をいれている園は「ブレーメンの音楽隊」などをやることが多いようです。

 

 

5歳児のお遊戯

  • 泣いた赤鬼
  • 西遊記
  • めっきらもっきらどーんどん
  • どろぼう学校
  • 給食どろぼう
  • 浦島太郎
  • エルマーの冒険
  • とんがり山の大魔神
  • 11匹のネコシリーズ
  • 花咲かじいさん
  • スイミー
  • 虹色の魚

 

 

 

5歳児なると、感動系のお話をもってくる先生が多くなります。セリフも1人で言えるようになったり、舞台裏の仕事も子ども達がやったりします。

 

 

電気の暗転明転や、幕の開け閉め、効果音の楽器など、いろんな場面で活躍する園もあります。

 

 

また、大道具や小道具を子ども達と一緒に作り、まさに手作りの劇をするクラスもあります。5歳児さんは、園で一番大きいという自信をもって、いろんなことに取り組むようになる子が多く見られます。

 

 

 

 

年齢が違っても、同じ題材を扱うことがある?

同じ年に同じ演目で発表会をすることはほぼ無いと思いますが、同じ題材で「3歳児バージョン」「4歳バージョン」と使い分けることはあります。

 

 

例えば、「そらまめくんのベッド」では、繰り返しの多いお話ですが、内容の工夫次第で3歳児でも4歳児でも扱える題材だと思っています。

 

 

4歳児になれば、少しセリフを長くしたり、1人でセリフを言ってみたりと、工夫するところはたくさんあると思います。

 

 

 

 

まとめ

発表会の題材を思い出していたら、もう冬の気分になってきました(笑)まだ、運動会もおわってないのに・・・

 

 

各学年の題材、他にも思いついたら追加します!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング