保育の条件

この記事は1分で読めます

保育ひろば

先日、研修で「保育の条件」という話を聞きました。有名な?条件らしく、知っている先生方もいました。

 

 

とってもいい内容だったので紹介します。

極上の潤い体験をアナタに・・・

 

 

 

保育の条件

  1. 子どもと遊べること
  2. 子どもの感情を受け止めること
  3. 子どもの内面の世界に入ること
  4. 子どもとともに成長できること
  5. 子どもから学べること
  6. 子どもの活動の意味や発達が見えてくること
  7. 子どもの無限の可能性を信頼できること
  8. 保育に疑問をもつこと
  9. 子どもの発達を理解すること
  10. 謙虚であること
  11. 広い視野をもつこと
  12. ユーモアのあること

 

 

 

以上12個の条件でした。

 

 

 

子どもの無限の可能性を信頼すること

私が一番心に残ったのは、「子どもの無限の可能性を信頼すること」でした。

 

 

長く保育士をしていると、経験や知識から「発達段階から考えると、だいたいこれくらいだろう」「今までの経験から行くと、これはこの子には難しいだろう」と、保育士が勝手に限界を決めてしまっている場合があります。

 

 

もちろん悪気はなく、無意識に判断しての対応なんですが、よくよく考えてみると、子どもの可能性を奪っているかもしれないと感じました。

 

 

経験や知識が全て悪いわけではないし、経験や知識から活かせることが多いのも事実です。

 

 

でも、それにあぐらをかいていてはいけないなと感じました。

 

 

子どもの可能性を信頼できる保育士になりたいと、改めて思いました(*´∀`*)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2018 01.20

    大雪対策

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング