わらべうたあそびのアレンジ

この記事は3分で読めます

保育ひろば

わらべうたあそびが好きな先生から、わらべうた遊びのアレンジ方法を教えてもらいました!

 

 

その先生、まだ若いのにわらべうたに詳しくて、すごいなあと感心しました(*´∀`*)私も、勉強しなくっちゃ🎵

おちゃをのみにきてください

年長さんでのアレンジ!

 

 

  1. 初めは、二人組みになって「おちゃをのみに」で遊びます。
  2. 数回遊んだら、ペアを変えて「おちゃをのみに」をします。
  3. どんどんペアを変えていって、いろんな子とペアが組めるようにします。

 

 

さっきとは違うことペアを組むということを伝え、「~色々お世話になりました、はい、さようなら」と歌い終えたら、次の子を探します。

 

 

年長さんならではの遊びになります。

 

 

 

どんどんばし

年中さん、年長さんでのアレンジ!縦割り保育では、年少さんも仲間に入って遊べます。

 

【その①】

  1. 初めは、保育者がトンネルをつくって、「どんどんばし」を歌いながら、そのトンネルをくぐります。
  2. 慣れてきたら、年長さんを中心に子供にトンネルを作ってもらいます。

 

 

【その②】

  1. トンネルを作ります。
  2. 「どんどんばし」の歌う速さを変えて遊びます。

 

 

 

【その③」

  1. トンネルを作ります。
  2. 「どんどんばし」を歌い終えた時に、「反対!」と言い、反対周りになります。
  3. 次に「反対」と言われたら、反対周りになります。

 

「反対!」と言われるか言われないか分からない状況を作ると、子供達は耳を澄ましてよく聞くようになります。

 

 

聴く力も伸ばせそうです。

 




 

 

げんこつ山のたぬきさん

年少さんから年長さんまでのアレンジです!

 

 

  1. 「~またあした」の「た」のところで、じゃんけんをします。
  2. 負けたほうが、勝った方の周りを周ります。
  3. これを繰り返して遊びます。

 

 

 

なべなべそこぬけ

乳児から年少さんでのアレンジです!

 

 

  1. ペアもしくは数名で輪になります。
  2. 「なべなべそこぬけ」を歌いながら、最後の「かえりましょ」のフレーズを「座りましょ」「立ちましょ」「周りましょ」「飛びましょ」などとアレンジをする。
  3. 「座りましょ」で終わった時は、次の「なべなべそこぬけ」は座った状態からスタートします。
  4. 最後は「バンザイしましょ」で終わるのも面白いです。

 

 

なべなべそこぬけでひっくり返るのは、なかなか難しいですよね。年長さんでも混乱している子もいます。

 

 

乳児や年少さんでは、まず「なべなべそこぬけ」のわらべうたに親しみを持ってもらい、「座わりましょ」などのかけ声に合わせて動く遊びから始めると面白いそうです。

 

 

保育者が次はどんな合図を送ってくるのかなと、子ども達はよく聞くようになります。これも、聴く力が伸ばせそうです(*´∀`*)

 

 

 

 

うちのうらの黒ネコ

年長さんでのアレンジです!

 

 

  1. 「うちのうらの黒ネコ」を歌います。
  2. 慣れてきたら、輪唱で歌います。

 

 

輪唱ができる年長さんならではの遊びです。

 

 

輪唱を覚えると、いろんな歌で使えますよね。発表会やお遊戯会で、輪唱をする園も多いです。

 




 

 

まとめ

いろんなアレンジを教えてもらいましたが、文章では分かりにくいところも多いと思います(´;ω;`)すみません!

 

 

わらべうたあそびは、まず「歌」に馴染むことから始めるといいそうです。

 

 

歌もわからないうちに、遊び方を教わっても、子ども達は頭がパンクしてしまうそうです。まずは、保育者がわらべうたを口ずさみ、子ども達に浸透してきたら、遊びを取り入れてみる。

 

 

その遊びにも慣れてきたら、アレンジしてみるといったように、段階を踏んで遊んでいくことが大事だそうです。

 

 

わらべうた遊びは、場所を選ばないし、道具がなくてもなんとかなる、とっても良い遊びだなと思います。文化伝承の意味も含めて、これからも保育に取り入れていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング