うまく甘えられないA児への関わりについて

この記事は2分で読めます

保育ひろば

 

うまく甘えられない子っていますよね。

 

 

今、私のクラスにもうまく甘えられない子が数人いて、保育者間で話し合って関わり方を考えています。

 

 

 

子どもへの関わりは、保育士で大変なことの1つでもあります。

 

 




 

 

A児の姿

A児は2歳児です。

 

 

保育者に甘えたいけどうまく甘えられない姿が多く見られます。

 

 

自分の方を向いてほしくて、わざと叩いたり、大きな声で泣いたりしています。みんなが集まって手遊びなどをしている時も、あえてその場から離れて気を引こうとしています。

 

 

また、保育者と他児の会話やをよく聞いていて、自分も真似したり、先回りして会話内容に出てきた玩具を取ったりします。

 

 

他児の行動や言動を聞いて、他児が欲しがっているおもちゃを先回りして取ったり、使いたくもないおもちゃを取ったりという面もあります。

 

 

 

 

出てきた意見

どうやったらうまく甘えられるようになるのか・・・出てきた意見をまとめてみます。

 

 

  • まずはじっくりと甘えさせる。
  • とことんなんでも言うことを聞く。
  • 一対一で関わるようにする。
  • A児がなにを思っているのかを考え、すべて受け止める。
  • とにかくなんでも「そうだね」と受け入れる。
  • スキンシップを多くとる。

 

 

これらの意見が出ました。

 

 

 

保育者が貼ってしまうレッテル

うまく甘えられないのはまだかわいいとしても、叩かれたり、故意におもちゃを取ったりする姿を見続けると、保育者側も「はぁまたか・・・」と思ってしまうのが正直なところです。

 

 

もちろんA児を責めたいわけでないので、あくまでも私の思いとして読んで下さいm(_ _)m

 

 

さてA児にどのように関わっていけばいいんでしょうか。

 

 

 

保育者の願い

私達保育者の願いとしては、素直に甘えられて、気の合うこと遊べてといったことですが、それも押しつけになってしまうのかなと思うこともあります。

 

 

まだ満たされていないA児の気持ちを満たすこと、それが先決ですよね。

 

 

家庭での関わり、園での関わり、どちらも大切になってくると思うので、保護者の方とも話し合って進めていきたいと思います。

 

 

A児が安心して、好きな遊びを楽しめるようになることが保育者の願いです(*´∀`*)

 

 

気長に付き合っていこうと思います!

 

 




 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング