おたより季節の挨拶文事例‐5月‐

この記事は1分で読めます

保育ひろば

幼稚園や保育園に限らず、小学校や学童保育でも毎月のお便りがあると思います。

 

 

今月もおたより制作お疲れ様です!

 

 

5月のおたよりの事例を紹介します。少しでも参考になればいいなと思います(*´∀`*)

 

 



5月のおたより

4月のおたより同様、5月末に発行するおたよりを5月のおたよりとします。

 

 

  • 園庭の木々の新緑も深まり、時折さわやかな風が吹く中、散歩にでかけたり、砂場でどろんこ遊びや砂遊び、花びらを使って色水遊びを楽しんでいます。また、園庭のあちこちで虫探しをしたり、一輪車に挑戦したり、子ども達はのびのびと戸外で元気いっぱい遊びを楽しんでいます。

 

  • 外で体を動かすのに気持ちのいい季節となってきました。園庭で元気いっぱい遊んでいると汗ばむ日もあります。○○組の子ども達は「汗かいちゃった」「お茶飲みたいな」などと暑くなったことを肌で感じながら、元気に遊んでいます。

 

  • 5月のぽかぽか陽気の中、テントウムシやカタツムリやダンゴムシなどの小さな生き物が顔を出し始めました。園外へ散歩にでかけた時も、たんぽぽの綿毛や小さな草花を見つけては保育者に教えてくれています。自然に触れることを楽しみながら、遊びに取り入れていきたいと思います。

 

 

 

***随時追加します***

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング