どんぐりを使った遊びやおもちゃ

この記事は2分で読めます

保育ひろば

秋になるとどんぐりや松ぼっくりがたくさん落ちます。

 

 

もう冬ですが、秋に拾ったどんぐりを使った遊びが続いています。子ども達と一緒に作ったもの、保育者が作ったもの、いろいろありますが、私が知っているものを紹介します。

 

 

どんぐりあそびって面白いですよね!

 

 

トイレットペーパーの芯を使ったどんぐりスライダー

どんぐりを上から転がして遊びます。

 

 

昔のパチンコのような作りになっています・・・たぶん(笑)

 

 

 

 

上のおもちゃは、トイレットペーパーの芯を使っています。そのまま使ってある部分と、半分に切って使ってある部分があります。

 

 

ダンボールを解体して、平面にし、そこへトイレットペーパーの芯を貼っていきます。

 

 

どんぐりを転がしながら、微調整。うまく転がるように、角度や方向を変えて作ります。

 

 

一番下には、どんぐりがどこかへ転がっていかないようにケースを置いておきます。

 




 

ペットボトルを使ったどんぐり落とし

名前がイマイチですが(笑)ペットボトルを使ったおもちゃです。

 

 

持ち運びが楽チンなので、おすすめです!

 

 

 

 

【作り方】

  1. ペットボトルの側面に切り込みを入れる。
  2. ダンボールなどで仕切りを作る。仕切りにはどんぐりが落ちるくらいの大きさの穴を開ける。
  3. 仕切りを切り込みに入れる。
  4. 仕切りが動かないようにビニールテープなどで止める。
  5. ペットボトルの下に、どんぐりの出口を作る。
  6. 出来上がり!

 

 

仕切りに穴を開ける

 

 

 

ペットボトルの下に穴を開ける

 

 

 

ダンボールの仕切りに、折り紙やカラー画用紙を貼ってカラフルにすると見た目もよくなりま!ペンなどで塗る方法でもいいですね(*´∀`*)

 

 

外遊びや砂場遊び用のごちそうとして使う

外遊び、砂場遊び用のごちそうとしてどんぐりを使います。

 

 

砂で作ったケーキに飾ったり、泥団子の中に入れておにぎりの具にしたり、子ども達がそれぞれアイデアを出して遊んでいます。

 

 

どんぐりの取り合いになることがほとんどですが・・・そこはなだめながら、仲良く使えるようにします。

 

 

散歩に出かけて、自分で拾ってきたどんぐりを使うのもいいですよね。保育者もできるだけたくさん拾って、子ども達の遊び用として確保しておくのも忘れません。先生も必死です(笑)

 




 

わらべうた「どんぐりころちゃん」で遊ぶ

わらべうたの「どんぐりころちゃん」で遊ぶ時に、実物のどんぐりを取り入れます。

 

 

♪どんぐりころちゃん

あたまは とんがって

おしりは ぺっちゃんこ

どんぐり はちくり  しょ

 

 

「どんぐり はちくり しょ」のところで、どんぐりを手に隠し、「どーっちだ」という感じで子どもに見せます。子ども達が「こっち!」などとどんぐりが入っている方を指差して遊ぶ遊びになります。

 

 




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング