保育で使えるお正月遊び

この記事は2分で読めます

保育ひろば

年末のお休みが楽しみで仕方ないですが・・・その前に片付ける書類がたくさんあります。

 

 

年末年始のお休みが終わったら、新年の保育も始まります。早い子は1月4日から登園します。

 

 

1月はお正月遊びを楽しむことが多いと思うので、思いつくままに紹介します。

 

 

すごろく

福音館書店さんの「ぐりとぐら」のすごろくなど、絵本に出てくるキャラクターが載っているすごろくがたくさんあります。

 

 

年長さんくらいになると子ども同士でも楽しめるかと思います。

 

 




 

かるた

年少さんは、全部自分で取りたい、取れないと怒ったり泣いたりする時期(笑)

 

 

少人数で取ることだけを楽しみます。もしくは一対一でもいいかもしれません。

 

 

文字は読めない子がほとんどだと思うので、絵を言葉にして読んであげます。例えば、うさぎの絵が描いてあったら「うさぎさんが、おもちを食べています」などといった感じでしょうか。

 

 

かるたの遊びになっていないと思う先生方もいると思うので、そこはご自身の保育感に合わせて遊んでください。あくまでも一例として紹介しますね(*´∀`*)

 

 

年長さんくらいになれば、文字が読める子も出てくるので、そのまま読み上げます。

 

 

何度も繰り返し遊んでいると、子ども達が絵札を覚えています!1文字読み上げるとすぐに「ハイ!!」と言って絵札を取る子も出てきます。緊迫した雰囲気が面白いです。

 




 

羽つき

本物の羽子板と羽を買って、羽つき遊びをする園もあります。

 

 

バドミントンとは違って、板で羽を打つ感覚が難しくてなかなか続きません。でもそこが面白いのかなと思います。

 

 

「カン」という音もいいですよね!

 

 

福笑い

福笑いのセットを買ったり、保育者自身で作ったりして遊びます。

 

 

年長さんになれば、子ども達がパーツを作ることができるかもしれません。自作の福笑いだと、より楽しめそうですね!

 

 

年賀状ごっこ

画用紙をハガキサイズに切って、年賀状ごっこをします。

 

 

ポストもダンボールなどで作り、年賀状を投函できるようにします。

 

 

園長先生に出して、返事がもらえたらすごく喜んでいた子がいました。手紙のやり取りを楽しめるいい機会ですよね!

 




 

他にもあったら追加していきます!

他にもお正月遊びを見つけたら追加していきます!

 

 

いろんな遊びを取り入れて、子ども達と楽しんでいきたいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング