折り紙ぽち袋の作り方

この記事は2分で読めます

保育ひろば

お正月といえばお年玉!貰う側からあげる側へ・・・(*´∀`*)

 

 

といっても未だにおばあちゃんがお年玉をくれるので、貰う側でもあってあげる側でもあります(笑)でも、さすがにもらいっぱなしではあれなので、おばあちゃんにプレゼントを贈っています。

 

 

話がそれましたが、お年玉をあげる時に使う【ぽち袋】。100均でもとってもかわいいのが売ってるので、買うのもいいんですが、最近は手作りしてます。

 

 

今年のポチ袋の作り方を紹介します。



折り紙で作るぽち袋の準備物

【準備物】

  • 折り紙や和紙や千代紙など

 

 

以上です。

 

 

糊もテープも使わなくて出来るのが嬉しいです(*´∀`*)今回は市販の折り紙15cm角のものを使っています。

 

 

 

 

1、横半分と縦半分に少しだけ軽く折り目をつけます。

「ここ」と書いてある部分に折り目をつけます。下にも「ここ」と書いてありますが、下には折り目がなくても大丈夫ですが、念のためつけてあります。

 

 

ポイントは全部折っちゃわないことです!軽く折り目をつけるようにします。

 

 

2、下側を1cmくらい折ります

 

分かりやすく定規を当てていますが、作る時は大体でいいと思います(*´∀`*)

 

 

3、半分に(横中心線のところまで)折ります

 

 

 

4、両端を三角に折ります

 

 

5、折った三角に合わせて、折ります

 

ポイントは半分のところまでじゃなくて、三角の幅に合わせて折るところです!

 

 

 

6、上の中心線に合わせて三角に折ります

 

 

ポイント!今度は中心線に合わせて三角に折ります。

 

 

7、上の三角を下に向けて折ります

 

 

8、差し込んで出来上がりです!

 

 

お札の入れ方

お札を3つ折りにします。

 

 

ぽち袋を一度開いて、お札を入れます。

 

 

封をします。




おまけ

差し込んだところが浮いてしまったりする場合は、マスキングテープやシールなどを貼ってもかわいく仕上がります。シールなどを貼る場合は、差し込まなくてもいいかなと思います。

 

 

 

今回はシールを貼ってみました!

 

 

 

 

 

アレンジいろいろ

今回はお年玉用のぽち袋として使いましたが、手紙入れにも使えると思います。

 

 

手紙入れとして使う場合は、市販の折り紙ではなく、A4サイズB4サイズなど大きい紙を正方形に切ることで、大きなぽち袋が作れます!

 

 

いろいろアレンジしてみてください。

 

 

保育園のお手紙ごっこで使えそうなので、年明けに年中さん年長さんの女の子と楽しみたいと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング

アーカイブ