節分の由来や行事食

この記事は3分で読めます

保育ひろば

2月3日今日は節分ですね。

 

 

勤務先の保育園でも豆まきをしました。みんな大泣き!中には勇敢に鬼に立ち向かっている子どももいました。

 

 

節分の由来や行事食について紹介します。

 

 

節分とは

節分とは、もともと季節の変わり目のことで、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいます。ですので、1年に4日「節分」があることになります。

 

 

旧暦では、立春が新しい始まりとされています。今では、立春の前日だけが春への変わり目として「節分」といわれています。

 

 

大体2月3日頃ですが、はっきり3日と決まっているわけではないそうです!

 

 

節分は「2月3日」と思い込んでいたので、驚きました!!



日本での節分の成り立ちは?

日本での節分の起こりは、天武天皇の頃と言われています。

 

 

706年(慶雲3年)に疫病が流行し、農作物も不作が続き、多くの死者が出たそうです。

 

 

そこで天武天皇は、国民の平安を願ってお経を読み、仏様に祈ったそうです。

 

 

そして、病気や不作は鬼の仕業だとして、追儺式(ついなしき)を行って追っ払ったそうです。

 

 

この時の儀式が、現在行われているような「節分」の儀式となったと言われています。

 

 

 

イワシとヒイラギ

節分に「イワシとヒイラギ」を玄関先に飾る風習があります。

 

 

鰯の頭と柊の葉で作ったものは「焼嗅がし(やいかがし)」と言われています。

 

 

 

 

いわしの頭は匂いが強いため、その匂いを嫌って鬼が逃げていき、柊の葉はトゲがあるため鬼が逃げていくということから、飾られているようです。

 

 

地域によっては、鰯の代わりに大蒜(ニンニク)、葱(ねぎ)、辣韮(らっきょう)、毛髪などを飾っておくところもあるそうです。



恵方巻き

節分の日に、その年の恵方を向いて巻きずしを丸かぶりするという風習があります。

 

 

恵方巻きを食べている間は、話すと運が逃げてしまうことから黙ってかぶりつくのがいいそうです。

 

 

今では全国的に広がっていて、コンビニでも恵方巻きが買えるようになっていますね。

 

 

もともと恵方巻きの風習は大阪地区で行われたのが最初であると言われています。

 

 

2017年の恵方は「北北西」

 

 

北北西は「癸亥(みずのとい)」の時刻・・・22時~23時・・・となります。

 

 

こんな遅い時間に恵方巻きを食べるわけにもいかず、7時頃夕食として恵方巻きを食べました(笑)

 

 

調べてみると、恵方の時刻に合わせて食べる方が良い、恵方を向いて食べるのであれば時刻はいつでもいいなどいろんな意見があったので、自分に都合のいい方を採用しました(*´∀`*)

 

 

方角も時刻もしっかりと恵方にしたいという方は、それを守るのがいいですね!

 

 

節分の豆まきは1年で一番楽しい行事!?

保育士や幼稚園教諭にとって、節分の豆まきは1年で一番楽しい行事!と言う先生が多いです(笑)

 

 

理由はご想像にお任せしますが(笑)

 

 

別に、子ども達のをいじめようなんて気持ちは一切ないのでそこは誤解しないでくださいね!

 

 

今年もいいお天気のなか、節分の豆まきを行うことができてよかったです。

 

 

子ども達は泣いていましたが、鬼を退治してからは、保育士を鬼に見立てて「鬼はーそとー!福はーうちー!」と喜んで豆を投げていました。豆ってあたると痛いですね・・・(´;ω;`)

 

 

みなさんにとって、いい年となりますように!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング