おたより季節の挨拶文事例‐3月‐

この記事は3分で読めます

保育ひろば

園長先生のパワハラに悩んだ結果・・・

 

 

 

 

毎月のおたより制作お疲れ様です。

 

 

1年間を締めくくる3月のお便り。今回は3月末に発行するお便りを「3月のおたより」として紹介します。

 

 

 

3月のおたより

  • 散歩に出かけるとあちらこちらで花が咲き、春がそこまで来ているなと感じる日が増えました。子ども達も「たんぽぽ咲いているね」などと言い、春を探しています。4月の年度当初は、お家の方と離れるのが寂しくて泣けてしまったり、自分の思うようにならなくてお来れてしまったりする姿がありましたね。そんな子ども達がいろんな経験を積む中で、自分の好きな遊びを見つけたり、気持ちを言葉で表したりするようになってきました。自分でできることがたくさんになり、子ども達の成長を感じます。




 

 

 

  • 3月に入り、新年度に向けて1つ上の学年のクラスに遊びに行きました。お兄ちゃんお姉ちゃんクラスのトイレに行ってみたり、新しいおもちゃに目を輝かせたりしていました。1つ大きくなる実感は子ども達にはないかもしれませんが、ワクワクする気持ちは感じられました。今のクラスで過ごすのもあと少し。残りすくない日々を、子ども達と元気いっぱい体を動かして、楽しく遊んでいきたいと思います。

 

 

 

  • 園外保育へ出掛けると、菜の花やたんぽぽが咲いていたり、園庭の桜のつぼみが膨らみ始めたりして春の訪れを感じるようになりましたね。乳児組の子ども達は園内で一番小さなお友だちでしたが、腹ばいやハイハイが出来るようなったり、歩けるようになったり、手づかみやスプーンを使って自分で食べるようになったりと、自分で出来ることが増えました。

 

 

 

  • 子ども達と過ごした1年間はあっという間でしたが、毎日一緒に過ごしてきた中で、子ども達のいろいろな成長を見ることができ、とても幸せに感じています。行き届かない面もあったと思いますが、保護者の方にはご協力やご理解をいただいたこと感謝しています。

 

 

 

  • 3月に入り、暖かい日が増え少しずつ春の訪れを感じられるようになりました。進級に向けて、4歳児さんの保育室へ遊びに行ったり、お兄ちゃんお姉ちゃんのトイレを使わせてもらったりしています。進級へ向けての不安や期待を、子ども達と一緒に感じながら、過ごしています。今できなくても焦らずに、出来ることに目を向けていきたいと思います。また、お兄ちゃんお姉ちゃんになったら「あんなことができる」「こんなところで遊べる」などの期待感、ワクワク感を持てるような話をしていきたいと思っています。おうちの方でも、進級へ向けて親子の話題を作ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

  • 朝夕は寒く感じることもありますが、日中は暖かい春の日射しを感じるようになりました。子ども達と一緒に春を探しに散歩に出かけたり、戸外で思いっきり体を動かして遊んでいます。散歩では、春の草花をたくさん見つけることが出来ました。つくし、菜の花、たんぽぽ、ホトケノザなど。子ども達が次々に「見つけたよ!」と嬉しそうに教えてくれました。春が近づくのが子ども達も嬉しいようです。

 

 

 

  • いよいよこのクラスで過ごすのも残りわずかとなってきました。入園当初は泣いて登園していた子ども達ですが、いつの間にか身支度を自分で行うようになり、自分の気持ちを言葉で伝えられるようになり、友達と一緒に遊ぶことを楽しいと感じられるようになったりしています。子ども達は心身共にとても大きく成長したように感じます。これも、保護者の方のご協力があってのことと感謝しております。日々のご協力、園に対するご理解ありがとうございます。

 

 

 

 

***随時、追加します***




 

 

 

他の月のお便りはこちらからどうぞ

おたよりの季節の挨拶文事例まとめました

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 12.19

    年賀状の例文

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング