子どもの持ち物は匂いで分かる!?

この記事は2分で読めます

保育ひろば

保育士の特技?として、「子どもの持ち物が匂いで嗅ぎ分けれる」というものがあります(笑)

 

 

名前がないタオル・・・匂いを嗅いで当てる保育士

子ども達の持ち物ってたくさんあるので、名前の書き忘れがあるものもちらほら。

 

 

子ども達に聞いても、うるおぼえの子が多く、「自分の!」とはっきり答えられない場合は困ります。

 

 

そこで「嗅ぎ分け」です!

 

 

主に柔軟剤の香りだと思うんですが、その子その子の匂いがあるんです(*´∀`*)

 

 

毎日子ども達と至近距離で接していると、持ち物の匂いだったり、衣服の匂いだったりを嗅いでいて、自然と覚えていることが多いです(笑)

 

 

嗅覚の記憶はすごいと言われているのもよくわかります。



子ども達同士でも嗅ぎ分け

この持ち物の嗅ぎ分け、保育士の得意技でもあるんですが、子ども達同士でも「嗅ぎ分け」れるんです!!

 

 

これすごいですよね!

 

 

ある時、Aくんのハンカチが落ちていました。誰のかな~なんて言って探していると、Bくんがハンカチの匂いを嗅いで「これAくんの!」と教えてくれたんです。

 

 

嗅ぎ分けれたのにびっくり!

 

 

子どもってすごいです。

 

 

 

保育士あるある、子ども達あるある

あるあるネタ見つけたら、また紹介します。

 

 

自分では当たり前になっていることでも、他の人にとっては「え!?」と思えることって多いですもんね。

 

 

見つけるのがたのしみです(笑)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング