隣国のミサイルに備えて避難訓練を行いました

この記事は1分で読めます

保育ひろば

ニュースなどで話題になっている隣国のミサイルに備えて、避難訓練を行いました。

 

 

 

もちろん子ども達はミサイルと説明してもわからないので、「お外で遊んでいると危ないから、お部屋に入ろうね」などと分かるように話しました。

 

 

 

非常事態にならないのが一番ですが、万が一のためにどこに避難するとより安全かなどを話し合い、職員の動きの確認をしました。

 

 

 

子ども達の安全を確保するのはもちろん大事ですが、保育士自身の安全も確保できるような動きを確認しました。

 

 

 

保育士が怪我をして動けなくなったら子ども達を守れないので、自分の身を守ることも子ども達のためになると、再認識できました。

 

 

 

また、非常食やおむつや着替えなど、少しでも保育園でしのげるようなものを常備するようにしました。

 

 

 

非常食などは、地震や火災などの場合も使えるので、それらの場合と兼ねて常備してあります。

 

 

 

子ども達にできるだけ不安を与えないように、素早くスムーズな行動がとれるように、イメージトレーニングもしておこうと思いました。

 

 

 

何事もなく、安全安心な毎日が送れますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング