職場に合わない先生がいた時の対処方法-先輩の場合-

この記事は2分で読めます

保育ひろば

職場に合わない先輩の先生がいた場合の、対処方法を書いてみます。

 

 

 

私の経験上の方法なので、この方法が当てはまらない方もいると思います。

 

 

 

参考程度にみてください。

 

 

 




 

異動する

異動のある園なら、異動願いを出して異動するのがいいかなと思います。

 

 

 

異動のない園では無理なので、この方法は使えませんね…。

 

 

 

異動すると、新しい園に慣れるまで大変ですが、人間関係の煩わしさから開放されると思えば頑張れるかなと思います。

 

 

 

 

休職する

休職制度のある園なら、休職という手もあります。

 

 

 

もちろん、復帰するタイミングだとか、復帰するときに気まずいだとか、そういう心配はあるかと思いますが、どうしてもなら休職もありかなと思います。

 

 

 

 

上司に相談する

理解のある上司がいる場合は、相談することもできます。

 

 

 

理解のない上司しかいない場合は、相談しても意味ないのですね…

 

 




 

転職する

いろいろ試したけど、無理な場合は、思い切って転職がいいのかなと思います。

 

 

 

転職するのは勇気がいりますが、選択肢の一つとして考えておくのもありかなと。

 

 

 

まとめ

合わない先生がいる場合の対処方法として、いろいろ書きましたが、その対処方法をすることすらできなくなっている場合もあると思います。

 

 

 

悩みすぎて、身動き取れなくなる前に、なにか合う方法を見つけることが大事かなと感じます。

 

 

 

私はまだいいですが、いつ悩むことになるかわからないので、相談できる相手や、転職先のリサーチなどをしようかなと思います。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング