十五夜

この記事は2分で読めます

保育ひろば

今日は十五夜です。

 

 

 

保育園の給食ではお月見をイメージして、ゆで卵を月に見立てたメニューがありました。

 

 

 

おやつではお月見団子が出ました。

 

 

 

季節の行事を楽しめるっていいですよね。

 




 

 

十五夜でも満月じゃない!?

十五夜というと【満月】をイメージすると思いますが、満月じゃない十五夜もあるとのとこです。

 

 

 

ちなみに今日10月4日は満月ではなく、明後日6日が満月です。

 

 

 

中秋の名月が十五夜と呼ばれるのは、太陰太陽暦と関係があるそうです。

 

 

 

中秋の名月は太陰太陽暦(旧暦)の8月15日になります。

 

 

 
旧暦では、月の満ち欠けを基に暦を作ったそうです。

 

 

 

旧暦の1カ月は、月が地球の周りを1周する日数と同じなので、そのサイクルが約29.5日であることから、旧暦の1カ月は29日か30日と決められていました。

 

 

 
そして、その半分である15日の夜の月は、満月=十五夜と、呼ばれるようになったそうです。

 

 

 
ですが、月のサイクルは30日ちょうどで地球を一周するわけでなく、月の軌道が楕円であること等により、実際の満月は1日か2日ずれることが多いそうなんです。

 

 

 

天文学はよく分かりませんが、月の満ち欠けと旧暦の数えが少しずつずれるんですね・・・きっと(>ω<)

 

 




 

 

子ども達とも十五夜について話しました!

給食やおやつの時間に、子ども達と一緒に十五夜について話しました。

 

 

 

家庭でも十五夜の話ができるようにと、子ども達に分かりやすく話しましたが・・・おうちでも話してくれるといいな(*´∀`*)

 

 

 

今日はきれいに月が見えそうなので、家に帰ってお月見でもしたいと思います。

 

 

 




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング