運動会予備日に保護者が休みを取るかどうかについての意見あれこれ

この記事は2分で読めます

保育ひろば

例えば運動会を土曜日に開催する場合、雨天延期となったら、順延して日曜日に開催する時と、次の週の月曜日や火曜日にする時があると思います。

 

 

 

 

順延して日曜日に開催すれば、土日休みの保護者は有給などで休みを取らなくても参加できます。

 

 

 

月曜日や火曜日などに開催する場合は、平日となるのでお仕事のお休みを取って参加しなくてはならない保護者が多くなります。

 

 

 

平日休みの保護者の方はいいんですが、

土日休みの保護者の方が多いので、平日に運動会を開催するとなると、参加できなくても仕方ないかなと思います。

 

 

 

でも、保育士の中には「子どもの運動会予備日のためなら、有給とって休めばいいのにね!」と考える先生もいます。

 

 

 

 

もちろんいろんな考え方があるので、否定するわけではないですが、私には合わない考え方だなと感じています。

 

 

 

 

運動会予備日が平日の場合、どうしても休みが取れなくて参加できない…と思っている保護者の方もいれば、土日潰れなくてラッキーと思っている保護者の方もいるかもしれません。

 

 

 

実際、私の友達が「ラッキー」と言っているのを聞いて、驚きました…。

 

 

 

ほんと、いろんな考え方があります。

 

 

 

休みたくても休めない…という保護者の方に対して、「運動会なんだから、有給とって休めばいいのにね!」という保育士の発言はどうなのかなと感じます。

 

 

 

運動会予備日に休みを取らない=ダメな親、子ども思いでない親

 

 

 

 

と、一括りにするのは視野が狭いんじゃないかなと感じました。

 

 

 

保護者に寄り添うのも保育士の仕事なので、保護者の方がどのような状況なのかを予想して、時には話を聞いて、サポートできる部分はサポートしていけるのがいいのかなと思います。

 

 

 

 

「運動会予備日くらい有給とって休めばいいのにね!」と言ったのは、先輩保育士なので、その場では何も言えずに終わってしまいました。

 

 

 

私もまだまだ甘いですね…。

 

 

 

でも、なんだかモヤモヤしたので、書いてみました。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング