出産と育児の経験を武器にする保育士への対処法

この記事は3分で読めます

保育ひろば

保育士の中にも、自分で出産し育児をしたことのあることを鼻にかけ、産んでないからどうだとか、子育てしたことないからどうだとかいう先生がいます。

 

 

 

お子さんのいる保育士が全員そうではありませんm(_ _)m

 

 

 

最近私の周りに、子どもがいることを鼻にかけてくる保育士が多いので、対処法をまとめてみます(笑)

 

 

 

あくまで個人的な対処法なので、参考程度に見てください。

 




 

 

とにかくヨイショする!

私の回りにいる子どもがいる保育士の傾向として、【すごいと思われてたい】方が多いです。

 

 

 

なので、その先生が出産や育児を武器にして話し始めた時は、とにかく「すごいですね!」「さすがですね!」と言います。

 

 

 

保育運営などに関わる時は、しっかりと自分の意見もいいますが、それほど重要な話でない時は、ヨイショするようにしています。

 

 

 

間違っても応戦してはいけません。

 

 

 

どこまででも「出産&育児」という武器を振りかざしてきます(笑)

 

 

 

早く話を終わらせていただくためにも、気持ちのいい聞き役を担っています。

 

 

 

 

スルーする!

私に心の余裕がない時は、出産と育児の武器が出始めたら、スルーするようにしています。

 

 

 

さり気なくトイレに行って、その場からいなくなったり、さり気なく事務仕事を始めたりします(笑)

 

 

 

数人で話している時はいいんですが、一対一で話している時はとにかくトイレに行くようにしています。

 

 

 

しかも長めのトイレ。

 

 

 

他の先生と話し始めたり、別の仕事を始めたりした頃に帰っています。

 

 

 

涙ぐましい努力・・・

 

 

 

 

 

喜怒哀楽のない返事をする!

最初に「ヨイショする!」と書きましたが、ヨイショがどうしても面倒くさいときは、ほぼ無表情で「そうですか」「へー」などと仕事をしながら、相槌を打ちます。

 

 

 

失礼かもしれませんが、何でもかんでも「出産&育児」をしてないと一人前でないみたいな話され方をしたら腹が立ちますよね!

 

 




 

 

まとめ

私の心が小さいのかもしれませんが、ある先輩に話したら・・・

 

 

 

「出産&育児を武器にしないと、他に武器がないんじゃないの?」

 

 

 

と言われました。

 

 

 

なるほど!と思いました。

 

 

 

もちろん、全員が全員そうだとは限りませんが、中にはそのような方もいるのでは感じました。

 

 

 

出産&育児を経験してきたのはすごい!

 

 

 

でも、出産&育児を経験してないのがすごくないのとはイコールになりませんよね。

 

 

 

そこに早く気付いてほしいです・・・




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 08.06

    広島原爆の日

  2. 2020 09.22

    秋分の日

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング