感染性胃腸炎の予防方法例

この記事は1分で読めます

保育ひろば

急に寒くなってきました。

 

 

 

 

勤務先の保育園でも、病気で休む子がちらほらと出てきました。

 

 

 

 

そこで今回は、感染性胃腸炎の予防方法の一例を紹介したいと思います。

 

 

 

 

あくまで一例ですので、必ず予防できるものではありません(>ω<)

 

 




 

 

感染性胃腸炎の予防方法例

  • 手洗いうがいをしっかりとする。
  • 排泄後、食事前はとくにしっかりと手洗いをする。
  • バランスのよい食事を摂る。
  • ビタミンCを多く摂る。
  • こまめに水分を摂る。
  • 十分な睡眠をとる。
  • 一日の疲れをしっかりと取る。
  • 室内湿度を50~60%に保つようにする。
  • 定期的に換気をする。
  • 体調が悪い時は早めに休む。

 

 

 

 

などがあげられます。

 

 

 

 

子ども自身では体調管理をするのは難しいので、大人がしっかりと守ってあげたいですね。

 

 

 

 

保育園では集団生活になるので、こまめな消毒などをして気をつけていないと、すぐに感染が広がります。

 

 

 

 

気を引き締めて、できるだけ感染が広がらないように対応していきたいです。

 

 

 




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング