お遊戯会や生活発表会の園児合奏で使われる楽器例

この記事は2分で読めます

保育ひろば

保育園や幼稚園で行われるお遊戯会や生活発表会の演目として、楽器合奏があります。

 

 

 

 

 

タンブリンなどの楽器を使って、子ども達が合奏をしています。

 

 

 

 

 

そんな合奏で使われる楽器の一例を紹介します。

 

 

 

 




 

 

発表会の園児合奏で使われる楽器例

  • カスタネット
  • タンブリン
  • 大太鼓
  • 小太鼓
  • ピアニカ
  • ウッドブロック
  • 鉄琴
  • 木琴
  • シンバル
  • エレクトーン
  • ピアノ
  • マラカス

 

 

 

 

などがあります。

 

 

 

 

それぞれ得意不得意があると思うので、練習段階でいろいろな楽器を試して、子ども達に合った楽器、やりたい楽器選んでいきます。

 

 

 

 

 

また、子どもによっては音楽のリズムを取るのが苦手な子もいます。

 

 

 

 

 

大人にとっては簡単なリズムでも、その子に取っては難しいので、できるだけ分かりやすく伝えます。

 

 

 

 

 

できることに越したことはありませんが、できなくても【ダメ】と捉えず、その子の個性として捉えるようにしています。

 

 

 

 

 

それでも、できる限りの経験はさせてあげたいなと思うので、無理のない範囲で一緒に練習するようにはしています。

 

 

 

 

 

 

そんな子ども達のがんばりによって、合奏が作られています。

 

 

 

 

 

本番の姿を見ると、とっても感動します。

 

 

 

 

 

 

発表会は、子ども達の成長を見ることのできるいい機会にもなりますね!

 

 

 




 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング