溶連菌感染症が流行っています!

この記事は1分で読めます

保育ひろば

急に寒くなりましたね!

 

 

 

 

 

近くの園では、溶連菌感染症が流行っているとのことで、注意喚起がきました。

 

 

 

 

 

この時期は、マイコプラズマ肺炎や溶連菌感染症やインフルエンザなどいろいろな病気が流行り始めます。

 

 

 

 

 

保育室内の掃除や殺菌消毒、おもちゃなどの消毒はもちろんですが、室内の湿度にも気を配っています。

 

 

 

 

 

乾燥しやすいので、加湿器を設置するなどの工夫をしています。

 

 

 

 

 

また、こまめに水分を摂取し、口の中や喉を潤わせるようにもしています。

 

 

 

 

 

うがいができる年齢の子にはうがいをすすめ、できない年齢の子にはお茶を飲むようにすすめています。

 

 

 

 

 

保育士自身も体調を崩さないように、手洗いうがいやこまめな水分摂取など、それぞれ心掛けています。

 

 

 

 

 

これから年末年始となり、楽しい行事もたくさんあるので、子ども達が楽しい時間を過ごせるように、体調管理をしっかりしていきたいと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 09.28

    薄着について

  2. 2016 04.17

    耳を大切に

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング