食育指導「やってはいけない箸の使い方」例

この記事は3分で読めます

保育ひろば

食育指導の中に、箸の使い方指導があります。

 

 

 

 

 

 

食育指導として行っていない園もあると思いますが、食育指導の一貫として行っている園もあります。

 

 

 

 

 

 

園によって対応は様々ですね。

 

 

 

 

 

 

 

では、さっそく【やってはいけない箸の使い方】の例を紹介します。

 

 

 

 

 




 

 

 

やってはいけない箸の使い方例

  1. 迷い箸
  2. 寄せ箸
  3. かきばし
  4. ねぶりばし
  5. 箸渡し
  6. 涙箸(なみだばし)
  7. 探り箸
  8. 刺し箸
  9. 渡し箸

 

 

 

 

 

などです。

 

 

 

 

 

詳しく紹介します。

 

 

 

 

①迷い箸

どの料理にしようかと迷って、自分の使っている箸を料理の上で行ったり来たりさせることです。

 

 

 

 

 

 

よくやってしまいがちです(>ω<)

 

 

 

 

 

 

 

②寄せ箸

箸を使って、料理の入っている器を自分の方へ引き寄せたり、自分から遠い方へ押しやったりすることです。

 

 

 

 

 

 

こぼす危険性もありますし、やめたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

③かきばし

お茶碗などの食器の端に口を当てた状態で、箸を使って料理をかき込んで食べることです。

 

 

 

 

 

 

 

これは・・・やってしまいますよね(´;ω;`)

 

 

 

 

 

④ねぶりばし

箸についた料理などを、口でなめることです。

 

 

 

 

 

 

・・・うん、よくやってしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

⑤箸渡し

自分の箸で掴んでいるものを、相手の箸へと料理を受け渡すことです。

 

 

 

 

 

 

お葬式後の火葬場で行われる納骨を連想させるとのことから、嫌われる使い方です。

 

 

 

 

 

⑥涙箸

箸で料理掴んで、自分の方へ引き寄せる時に、汁をポタポタと落とすことです。

 

 

 

 

 

 

気をつけていないと、つい汁が垂れてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

⑦探り箸

器内に入ってる料理を、自分の箸でかき回して、中身を探ることです。

 

 

 

 

 

 

煮物など、好きな具材だけを食べたい時に、ついやってしまいます。

 

 

 

 

 

 

⑧刺し箸

料理を箸で突き刺して食べることです。

 

 

 

 

 

 

里芋の煮っころがしなど、箸で掴むのが難しいもののとき、つい刺してしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

⑨渡し箸

食器の上に、箸を渡すように置くことです。

 

 

 

 

 

 

箸置きがないとき、ついやってしまいますよね。

 

 

 




 

 

 

まとめ

自分にも当てはまることがチラホラとありました。

 

 

 

 

 

 

子ども達に伝える前に、自分のマナーから直していきたいです(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

上品な食べ方をして、子ども達の見本となれるように頑張りたいと思います。

 




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2018 06.17

    雨の日の遊び

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング