食育指導「食べる時のマナー」例

この記事は2分で読めます

保育ひろば

食育指導を続けて紹介します。食べる時のマナーの例を挙げてみます。

 

 

 

 

 

 

幼児クラスになると、ほとんどの子が自分で食べられるようになります。でも、姿勢が悪かったり、すぐに席を立ったりと気になる姿がたくさんあります。そんな、幼児さんへの指導例を挙げてみます。

 

 

 

 




 

 

 

食べる時のマナー例

当たり前すぎることも書きますが、子どもにとっては当たり前でないこともあるので、ご了承くださいm(_ _)m

 

 

 

 

  • 椅子に座って食べる。
  • 背筋を伸ばして座る。
  • 足は床につけて座る。
  • 椅子と机の間を開けすぎない。
  • 箸やスプーンなどの食具を持っていない方の手は、食器に添える。
  • 肘を机につかない。
  • 猫背になって、顔を近づすぎて食べない。
  • 犬喰いにならないようにする。
  • 食事が終わるまで座っている。
  • できるだけ途中でトイレに行かない。
  • 箸を持ったまま立ったり歩いたりしない。
  • 口に食べ物を入れたまま喋らない。
  • 箸を持ったまま器を持たない。

 

 

 

 

 

 

 

大人でもついやってしまいがちなものもありますよね。自分では気づいて来なくても、相手は目につくことが多いです。一緒に食べるマナーとして、最低限のことは守りたですね。

 

 

 

 

 

 

 

キレイに食べると、気分もいいですし、上品に見えますね。・・・という私も、出来ていないことが多いので、大人として、子ども達に伝える立場として、自分自身を振り返っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 10.04

    十五夜

  2. 2018 04.07

    入園式準備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング