子ども達に話したい十二支の由来とは?

この記事は2分で読めます

保育ひろば

年末は駆け込みで年賀状を書きました。

 

 

 

 

毎年早め早めに書こうと思っているのに、いつもギリギリになってしまいます(笑)でも、とりあえず年内にはポストへ投函することができたので、よかったです。

 

 

 

 

 

今年は戌年ということで、スヌーピーの年賀状を選びました。

 

 

 

 

 

干支、十二支の由来について少し調べてみたので紹介します。

 

 




 

十二支の由来

保育園や幼稚園では「十二支の歌」を歌うなどして、子ども達に十二支を伝えることもあります。

 

 

 

 

そんな十二支の由来を、子ども達に伝わるように簡単に話しています。

 

 

 

 

 

昔、神様が動物たちを集めてお話をしました。

 

「お正月の朝、早く来た者から順番に12番目までの者をその年の干支にするぞ」と。

 

猫は話を聞いていなかったのか、いつ集まるのかが分からなくて困っていました。

 

そこで、ネズミに集まる日を聞きました。

 

猫「ネズミさん、神様のところへいくのはいつだったかな?」と。

 

ネズミはわざと、次の日を教えました。

 

ネズミが牛のところへいくと、牛は出発しようとしています。

 

牛「私は歩くのが遅いから、先に出発するよ」と。

 

ネズミ「そうかいそうかい。いってらしゃい」と言いながら、牛の背中に乗りました。

 

そして朝が来ました。早く出発した牛は1番に神様のところへ着きそうです。

 

牛が神様の家の門の前まで来ると、ネズミは牛の背中から降りて、神様の門をくぐりました。

 

ネズミ「私が1番よ!」と神様に言いました。

 

神様「ほうほう、ネズミが1番か。2番は牛だな」と。

 

牛は悔しがりましたが、仕方がありません。

 

しばらくすると他の動物達もやってきました。

 

虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鳥、犬、猪の順で、干支となりました。

 

ネズミから次の日が集まる日と聞いていた猫は、うきうきと神様のところへ行きました。

 

ところが、誰もいないので驚き慌てました。そして、本当の集まる日が昨日だったと知り、猫は怒りました。

 

 

この時から、猫がネズミを追いかけるようになったとかならないとか。

 

 

 

 

 

 

内容を踏まえながら、もっと簡単に話せる先生は簡単にしてみてください。十二支の成り立ちの話、おもしろいですよね。年長さんくらいになると、喜んで聞いています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング