保育園実習に来る学生さんもいろいろ

この記事は2分で読めます

保育ひろば

保育園への保育実習や幼稚園への教育実習など、大学や短大の学生さんが自習来られることがあります。

 

 

 

実習生の指導も、保育士の仕事ですのでもちろん引き受けます。

 

 

 

現役で働いている保育士も、以前は学生で、その時の教育実習を思い出して恩返しではないですが、そのような思いで引き受けている先生もいるようです。

 

 

 

 

実習生もさまざま

実習生といってもさまざまです。

 

 

 

ただ資格さえ取れればいい子、本気で保育士や幼稚園教諭になりたい子、なんとなく保育士になりたい子。

 

 

 

それぞれの思いがあっていいので、いい悪いの話ではないのですが、やはり実習への思いのかけ方が異なりますね。

 

 

 

子ども達と積極的に関わる子もいれば、どこか一歩ひいた感じの子もいます。

 

 

 

担当の保育士が書類面や保育面での指導を行ったときに、すぐに修正しようと努力する子もいれば、何度同じ指摘をしても直す気がない子もいます。指摘された内容が分かっていないのかもしれないと思い、何度も言葉を変え、分かりやすく説明しているつもりでもなかなか修正しようとしないんですね(笑)

 

 

 

 

これは、保育士自身の指導力の問題もあるかと思います(>ω<)

 

 

 

 

保育士になって経験を積んできたからこそわかることでも、学生さんにとっては分かないことだらけ。自分が知っていることを【当たり前】と思わずに、知っていることこそしっかりと教えていきたいなと感じました。

 

 

 

 

今年度の実習生は終了しましたので、来年度の希望者がいれば、またいい指導ができればなと思います。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2018 12.28

    仕事納め

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング