自分のタイミングで保育ができない時のイライラ

この記事は2分で読めます

保育ひろば

先日、外部の方が保育を見学に来るという日がありました。

 

そうなると、園長先生や主任先生からはいいところを見せようと必死になっている感じをうけました。もちろんできる範囲で【園の良さ】を伝えるのは必要なことですし、外部の方に見ていただき改善できる点を挙げてもらうことで、よりよい保育に繋がるのではと思っています。正直、見られるのは嫌ですけどね(笑)でも仕方ない(*´∀`*)

 

 

そんな中、あるリーダーの先生が後輩に対して必要以上にアドバイスをする場面がありました。

 

○○くんが困ってるよ、サポートしてあげて!

後輩のクラスなどを周りながら、困っていたらサポートする役としてリーダーの先生はいろいろなクラスを巡回していました。そして、あるクラスの後輩に対して、「○○くんが困ってるよ、サポートしてあげて!」とあからさまに大きな声で指導。

 

その後も、「ゴミ箱の位置がおかしいよ、それじゃあ捨てられない」「ままごとコーナーが豚小屋みたいになってるよ」など、外部の方の参観中にも関わらず、指導を繰り返す。他人に聞こえるような声の時もあれば、耳打ちされる時もあったようです。

 

後輩はもちろん、クラスを持っている保育士は、その日1日の流れを考えて、「次はこれをするから、もうすぐ片付けよう。片付ける前に、2,3度片付ける旨の声掛けをしておこう」など、自分の中での予定を立てます。さらに、外部の方が参観に来ているので、緊張します。いつものように保育をすればいいんですが、人間ですから”見られている”と分かっている以上、いつものようには難しいですよね(笑)

 

自分で計画したスケジュールをこなすこと、目の前の子供と関わる事で精一杯なのに、リーダーの先生からの突然の指導が入るとパニックになります。今言わなくてもいいんじゃないか・・・と思うことさえあります。ゴミ箱の位置なんて100歩譲って捨てにくい場所に置いてあったとしても、それは後輩が考えた中では最良の位置だったわけで。そういうことは、反省会の中で外部の方からの意見として出るかもしれない。意見を出していただいた時に、「なるほど、ゴミ箱の位置がよくなかったんだな。変えてみよう」と思えばいいことであって、保育中に言うことではないと思っています。あくまで私は(笑)

 

そして、「○○くんが困ってるよ、サポートして!」という指導に関しても、困ってる子が目に入ったなら、自分がサポートに入ればいいと思います。後輩は、後輩で別の子に関わっているので、手の空いているリーダーの先生がサポートすればいいのにと感じます。そのための巡回なんだし。担任でない方から見ると、「あそこの子が困っている」という状況はよくわかります。それは現在進行系で保育をしていないから。見ているだけでいいから・・・というと、語弊がありそうですが、いい意味で【見る】ことだけに集中できるので、困っている子を察知しやすいという意味で言っています。保育をしていると、その困っている子に気付くのに時間がかかることがあります。それは仕方のないことであって、目の前で関わっている子を放ったらかして、困っている子の方へいくことも出来ません。それでは本末転倒だと思うし。もちろん、取っ組み合いのケンカとか、あきらかに危ないことをしている時はすぐに止めに入ります。

 

自分のタイミングで保育させて。

 

そう後輩が私にグチっていましたが、本当にそうだなと思いました。きっとリーダーの先生も良かれと思ってアドバイスをくれていると思うんですが、外部の方の参観だったり、保護者が来る保育参観日だったりする日のアドバイスは辛い。自分が経験年数浅い頃のことを思い出して、アドバイスいただけると嬉しいななんて思いながら、後輩とお茶して帰りました。

 

これは後輩だけに言えることではなくて、私も経験したことがあるので、本当に気持ちがよくわかります。保育士だけでなく、他の業種の方でも同じような経験をされたことがある方のいるかもしれません。

 

豊富な知識を教えてくださるのは嬉しいですが、お節介と紙一重な時もありますね。ふー、今日も頑張ります。最良の1日を!

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • えりー
    • 2018年 5月24日

    現場の空気が、ひしひしと(笑)

    本当にそうですよね♪
    保育士を経験したことはありませんが、どこの職場でも優先順位はあると思います。
    特に現場では。
    その優先順位を意識して組み立てて、仕事に向き合ってるのは素晴らしいことです。
    経験にまさることもあると思います。

    前向きに仕事に向き合い、常に優先順位を意識して子どもと接している。
    なおかつ笑顔を忘れない。

    保育士さんって、本当に素晴らしい職業ですね。

    外部の方にもその頑張りが伝わってるんでしょうね♪

      • まも
      • 2018年 5月25日

      えりーさん
      コメントありがとうございます。そして、いつも拙い文章を読んでくださってありがとうございます。

      保育士が素晴らしいのかどうかはわかりませんが、目の前のことに囚われ過ぎてしまう感覚は治したいと思っています笑

      えりーさんのお仕事はなんでしょうか?ますますのご活躍を!

保育士転職サイトランキング

アーカイブ