色水遊び

この記事は1分で読めます

保育ひろば

どんどん暑くなってきますね。まだ湿度が低いぶん、夏のようなジメジメとした暑さはないですが、照りつける太陽の下で遊んでいると、疲れも倍増です(笑)

 

そんな気温が高くなってきた時期になると、色水遊びや泥んこ遊びなど、少し涼しめるような遊びを取り入れています。

 

 

色水遊びの材料例

色水遊びといっても、材料はいろいろです。

 

 

  • 絵の具
  • 食紅
  • オレンジなど果物の皮

 

 

などでしょうか。果物の皮や草花は、すり鉢を使いすりこぎですったり、包丁で切って叩いたりして色を出します。すり鉢や包丁を使うので、年長児になると取り入れる園が多いかなと思います。

 

年中児、年少児などの年齢が低い子は、絵の具や食紅を水に溶かし、事前に作った【色水】を使って遊ぶことが多いです。

 

色は、【赤・青・黃・緑】の心理四原色にしたり、この4色に白を足したりしています。どれが正解とかはないと思うので、好きな色でやればいいかなと思います。色を混ぜて違う色を作ったり、水で薄めてパステルカラーのようなキレイな色にしてみたり、子どもたちなりに工夫して遊ぶ姿が見られます。

 

ペットボトルやゼリーなどの透明なカップを用意しておくと、「ジュースできた!」「ゼリー屋さんです」などと言って、遊びも広がるのかなと思います。

 

水の冷たさや心地よさを感じながら遊べるので、この時期にぴったりな遊びですね。準備や片付けや遊び後の着替えは大変ですが(笑)今年も子どもたちと一緒に、楽しい色水遊びをやっていきたいです。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング