30度で涼しいと感じる子ども達

この記事は1分で読めます

保育ひろば

7月の中旬ころの35度以上ある日と比べると、30度で涼しいと感じています。子ども達に至っては「寒い」とすら言っている子もいました(笑)さすがに寒くはないだろうと思って聞いていましたが、35度以上の気温を経験してきたからこそ感じる感覚なんだろうなと思いました。

 

35度を経験してきた者の体感として30度は確かに涼しいですが、よく考えたら暑いですし、熱中症の危険性もあるので、油断しないことが大切だなと感じました。つい「涼しい」と勘違いして、クーラーをつけないで過ごしてしまうと熱中症になるかもしれないので、30度以上になったらクーラーをつけていこうと思いました。家庭では自分の体感によってクーラーをつけるつけないを決めればいいと思いますが、保育園という集団生活の場では細心の注意を払っていかないといけないですね。

 

大人の感じる暑さと子ども達の感じる暑さは違いますし、子ども達は急に体調が悪くなったりするので、「これくらい大丈夫」と過信しないで、できる限りの対策は行っていきたいと思います。まだまだ暑い日が続きそうなので、子ども達や自分自身の体調管理をしっかりとおこなっていきたいです。

 

 

 

 




 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング