保育室のワックスがけ

この記事は1分で読めます

保育ひろば

夏の間は、子ども達の登園人数が減る日もあるので、その期間を狙って、各保育室のワックスがけを行っています。

 

ワックスがけは年に最低2回行っていますが、そのうちの1回が夏となります。もう1回は年度末の3月に行うことが多いです。そんなワックスがけですが、夏はワックスの乾きが早いのでとても助かります。

 

ワックスをかけてから乾くまでに時間がかかると、その時間は保育室で何もできないため、できるだけ早く乾かすように努力しています。扇風機を回したり、風通しがいいように窓を開けたりなどしています。ワックスが早く乾けば、2度塗りする場合もすぐできますし、1度塗りの場合はすぐに荷物をしまうことができます。

 

夏休みの間には、やることがたくさんありますが、1つずつ着実に進めていきたいと思います。まずは保護者の方がお盆休みにはいる13日までの一週間でできるだけ進めておきたいと思います!

 

 




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング