給食をピカピカにすることはすごい!?

この記事は2分で読めます

保育ひろば

先日、親戚家族でお盆の集まりで、給食が食べられずに悩んでいる親戚の子の話を聞いて、給食について改めて考えてみました。

 

幼稚園や保育園では食育指導を行っていますが、その中でも「給食をピカピカにすることはすごい」といった考え方が多い感じがします。でも本当にピカピカにすることがすごいのでしょうか。(ピカピカにするとは、給食を完食することを指しています。)

 

もちろん、なんでもよく食べられる子に対しては「すごいね!」「元気な身体になるね!」「背が大きくなるね!」など、その子が喜びそうな言葉をかけて褒めます。その子にとってはそれが得意なことなら、そこを褒めて認めることは大切かなと個人的に思っているからです。これは私の考え方なので、完食したことを褒めないというスタンスの保育士さんもいると思います。これはそれぞれ個人の考え方があるので、どちらがいいとか悪いといった話ではないと思います。

 

一方、給食がなかなか進まない子もがいます。サラダやお浸しなど野菜類が食べられない。カレーライスに入っている野菜ならかろうじて食べれる。白ごはんしか食べない。コロッケなどの揚げ物とご飯やパンしか食べない。牛乳は飲まない、肉は食べるけど魚は食べない。おかずやご飯は食べないけど、デザート類は食べる(笑)・・・と、それぞれの好みによって、食べられないものは多岐に渡ります。当たり前ですが(笑)

 

食べらない子に対して「これくらいは食べてみよう!」「頑張って!」「ほら、一口は食べてみよう!」「○○くんはお野菜食べてるよ!すごいね~!真似っ子してたべてみよう!」などと、つい言ってしまうのが現実です。こうやって改めて文章に起こしてみると、なかなかキツイこと言っていますね。保育士側もよかれと思って言っているので、悪意があるわけではないと思います。いろいろなものを食べられる子になってほしいな、いろいろな栄養素を摂って健康な身体になってほしいななどという願いを持って援助しています。

 

そのような願いがあったとしても、やはり【ピカピカにすること】だけを目指すのはなにか違うように感じます。ある子にとっては「ピカピカにすることが負担」になることだってあるでしょう。せっかくのおいしい給食なので、味わって楽しく食べたいですよね!

 

ピカピカにすることだけを目指すのは抵抗があるけど、子ども達に「全部食べられた!」という満足感を味わわせたいという思いを持つ保育士さんは多いと思います。なので、はじめからお皿に盛る量を調整して、その子が食べられるだけにするなどの工夫をする時もあります。きっとこれくらいの配慮は、どの保育士さんも行っていることだと思います。でも、職員室などで給食の量を調整する話をしていると、「給食費をもらっているんだから、1人前ははじめからお皿に盛りなさい。残すのはその子の自由」という指導をされる上司もいます。その理由もすごくよくわかります。そう考えると、保育士側が勝手に判断して量を減らすのはよくないのかな・・・と感じたりもします。うーんなかなか難しい(笑)

 

給食が食べられな子は多いですが、苦手だから食べられないのではなく、遊んでいたために食べられなかった(席をむやみに立ったり、遊ぶためにトイレにいく等)、おしゃべりしすぎていて食べられなかったなどといった子には注意するようにしています。そのあたりのけじめは必要かなと思っています。

 

私自身、「給食をピカピカにすること」に固執していた時期もありましたが、今ではある程度食べられればいいかなという考えが強くなっています。その子にとっての適量は、日によっても違うし、体調や気分によっても違ってくると思うので、臨機応変に援助できればなと思います。大人だって、好き嫌いがあるし、残すことだってありますもんね。給食指導に関しては、これからもいろいろな事例を参考にしたり、文献学習などを行って、子ども達に合ったものを取り入れていけたらなと思います。

 




 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング