三連休後の保育園

この記事は1分で読めます

保育ひろば

15.16.17日は、敬老の日を含む三連休でした。お仕事によっては三連休ではなかった方もみえますが、子供達は三連休の子がほとんどでした。

 

そんな三連休後の昨日は、泣いて登園したり、登園を嫌がる子がたくさんいました。

 

休み明けに仕事に行きたくなくなる大人と同じで、子供達も嫌なようです。気持ちわかります。

 

仕事も行くまでが特に嫌で、始まってしまえば頑張れるのですが、出勤するまでの「はーまだ

だ休みがいい。行きたくない」という気持ちは多くの方が感じたことのある気持ちではないでしょうか。

 

子供達が泣いたり拒否したりする行動に寄り添い、気持ちが立て直せるまで一緒にいるのは、精神力も体力も使います。それが仕事だろ!と言われればそれまでなんですが…。

 

とくに、泣いて子を早く置いていきたい保護者の方から受け取る時の、子供達の力はすごいです。保育士を叩く蹴るなどは当たり前で、すごい力で保育士を押しのけて、保護者の元へ駆けていこうとします。

 

でも、園から出たら危険なので、保育士側も必死です。

 

そんな三連休明けの保育園は、いつもより体力のいる場となっています。もちろん全ての子が泣くわけではないですし、泣く子はいないという園もあるかもしれませんので、そんな園もあるんだなくらいに思いながら読んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2018 01.20

    大雪対策

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング