子どもがしょんぼりしているのは担任保育士のせい!?

この記事は1分で読めます

保育ひろば

子どもたちだって、元気な時もあれば、しょんぼりする時もあると思います。家で怒られたかもしれないし、食べたい朝ごはんが食べられなかったかもしれないし、見たいテレビが見れなかったかもしれないし、なんとなく眠いのかもしれないし・・・理由はたくさんあると思います。

 

ですが、ある上司は「子どもがしょんぼりしているのは担任の先生が楽しい保育をしていないから」「保育室に魅力がないから」などと言う方がいます。

 

そのような考え方があるのもわかります。保育を見直すきっかけになることもわかります。

 

が、『責任は担任の先生ですよ』『私達上司は、きちんと指導しているのに、担任の先生がきちんとやらなかったのが悪いんですよ』と言わんばかりの言い方なのが気になります。

 

上司から『保育室に魅力がない』と言われたら、仕事を否定されたと取る人もいるだろうし、自分自身を否定されたと取る人もいると思います。捉え方は人それぞれですが、この件について同僚と話したら、「否定された気分になる」「責任は担任にあるから、私達は責任取りませんよ」と感じる先生が多かったです。

 

もちろん担任の先生にも責任はありますが、上司は部下の責任を取ることも仕事の1つであるのにもかかわらず、責任逃れのような言い方をされると信頼できないなあと感じますね。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング