自分のお腹の中の鬼にはどんな鬼がいる?

この記事は1分で読めます

保育ひろば

節分にちなんで、自分のお腹の中の鬼について考えてみました。絵本「おなかのなかにおにがいる」を読み、自分たちのお腹にはどんな鬼がいるかを考えました。子ども達が考えた鬼はいろいろあってとて面白かったです。

 

 

お腹の中の鬼の例

子ども達が思いついた鬼は、こんな鬼がいました。大人でも思いつきそうなものから、子供独自のものまでいろいろでした。

 

  • 怒りん坊鬼
  • 泣き虫鬼
  • いじわる鬼
  • ケンカ鬼
  • 寝坊すけ鬼
  • 野菜キライ鬼
  • ご飯食べない鬼
  • ご飯残す鬼
  • 保育園に遅れてくる鬼
  • 走るのキライ鬼
  • 寒いのキライ鬼
  • お母さんの言うこと聞かない鬼
  • お母さんに怒られる鬼
  • 妹や弟をいじめる鬼
  • お菓子しか食べない鬼

 

 

などです。具体的で面白い鬼がたくさん出てきて、子ども達の発想力に驚かされました。お腹の中の鬼が追い出せなくても全然いいんですが、こうやって考えてみる機会を作れれたことは、良かったと思います。子ども達自身も、給食のときに「野菜食べない鬼をやっつける!」と言って、食べようとする姿も見られたの、子ども達なりに意識しているんだなと感じました。

 

行事を通して、いろいろな楽しみ方を取りれていきたいです。

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング