嘔吐下痢が流行

この記事は1分で読めます

保育ひろば

インフルエンザに並んで、嘔吐下痢も流行しています。乳児さんなど、免疫力が低い子どもたちに多く見られます。乳児は、おもちゃを舐めたりしますし、おむつ交換等も頻繁に行われるので、感染するルートが多くなってしまいます。仕方のない部分もありますが、おもちゃの消毒や、おむつ交換の場所など、対応策はあるので、それぞれの園によってできる限りの対応策はとっていると思います。

 

職員の中にも、子どもたちの嘔吐下痢を処理している段階で、感染してしまうこともあります。マスクや手袋などの感染予防をしていても、感染るときは感染ってしまいます。

 

子どもたちはもちろん、保育者自身の健康管理も重要になるこの時期。しっかり休養をとって、病気にならないようにしていきたいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング