飛蚊症と網膜剥離

この記事は1分で読めます

保育ひろば

数年前から飛蚊症になりました。はっきりとした原因はわかりませんが、眼科医によると子ども達の手などが目に当たったことによる衝撃も原因の1つとして考えられるとのことでした。目に衝撃が加わるのはよくないとのことでした。もちろん老化なども関係しているようです。

 

飛蚊症の原因を子どものせいにしたいわけでなく、日頃から気をつけておけばよかったという自戒の念を込めて書いています。今後も危険は隣り合わせなので、ある程度の距離感をもって仕事を行いたいと主ます。

 

また、飛蚊症ならいいですが、網膜剥離の症状として目の前に黒い点のようなものがチラつくことがあるそうで、定期的に眼科での検査を受けたほうがよいとのことでした。最悪失明するという説明もうけました。一度飛蚊症と診断を受けたからといって油断せず、定期的に検査を受毛用と思います。毎日酷使している目を、少しでも休めて、大切にしていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング