あじさいリース作り

この記事は2分で読めます

保育ひろば

夏休みを利用して、あじさいのリース作りをしました。庭に咲いていた紫陽花が枯れて、リース作りに丁度いい感じでしたので、試しに作ってみました。

 

 

あじさいリース作りの材料

  • あじさい
  • 100均で買った既成のリース(土台とする)
  • フラワーアレンジメント用の針金や、お菓子などの袋の口を束ねていた針金(縛れればなんでもいい)

 

 

作り方

  1. あじさいを詰んでくる(今回は30個くらい使いました)。
  2. リースにくくりつけやすいように、茎を切る。
  3. 土台リースにくくりつける。

 

*あじさいの茎を短すぎるとくくりつけにくいので、長めに切っておいて、はみ出た分を切るという方法でも良いかと思います。

*リースを買うのがもったいない場合は、さつまいものツルを使ったリースなどで代用しても◎

 

 

【土台となる100均リース】

 

 

【針金でくくりつける】

 

 

【全部くくりつけ終わった裏面】

 

 

【正面 完成図】

 

 

 

約10日後のリース

約10日後のリースは、乾燥してきて、多少しぼみましたが、リースの形は維持しています。土台リースが見えてしまったのが残念ですが、初めてにしてはまあまあかなと個人的には思っています。外で乾燥させると、虫が寄ってくると心配でしたので、玄関で乾燥させました。

 

 

 

 

 

 

まとめ

あじさいリースは前から作ってみたいと思っていましたが、面倒くさがりな性格から「まあいっか」と先延ばしにしていました。気づいた頃にはあじさいが茶色く枯れてしまい、リースにできない状態となり「今年もだめだったな・・・」なんてできなかった理由ばかりを探して、自分を正当化していました←おおげさ)

 

でも、今年は予想外なステイホームとなり、今までできなかったことをやろうと決め、少しずつ挑戦しています。今回のあじさいリースのその1つです。おしゃれな雑貨さんで売っているあじさいリースを見るたびに「作りたい!」と思っていたものを、今年実現することができました。

 

どれくらい持つのかわかりませんが、しばらくは玄関に飾って楽しみたいです。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2020 09.21

    敬老の日

  2. 2019 06.16

    父の日

  3. 2020 05.04

    みどりの日

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

保育士転職サイトランキング