愚痴

愚痴記事一覧

  1. 担任よりも指示を出す保育士の話

    担任の先生よりも、指示を出す別のクラスの保育士がいます。正直疲れます(笑)担任が子ども達に指示を出そうとしてるその瞬間に「ねえ、みんな!こうだよ」「~ちゃん、違うでしょ、こっちだよ」などと言っています。

  2. あ、そこまで言わないと分からないか(笑)と言う上司の話

    以前も登場した上司の話です。先日上司と保育について話す機会がありました。私も少しだけ大人になろうと心がけ、上司からの指導を真摯に受け止めようと頑張っていました。そんな時、絵画の指導になりました。

  3. 子どもがしょんぼりしているのは担任保育士のせい!?

    子どもたちだって、元気な時もあれば、しょんぼりする時もあると思います。

  4. 子どもが転んでも知らん顔の保護者の話

    先日姪っ子が通う保育園へお迎えについて行きました。そのお迎えのときに見た話です。幼児クラスの子が担任の先生とさよならの挨拶をしていました。さよならをしたあとは、保護者の方の管理下になると思います。

  5. 部下の悪いところばかり指摘する上司

    先日友達と話していたら、部下の悪いところばかり指摘して、いいところを探そうとしない上司の話題になりました。友達は別の園なので、私は推測しながら聞きました。

  6. クラスについての指導なのに、担任ではなく補助の先生に指導する上司の話

    担任保育士と補助の保育士とで1クラスを受け持つことがあります。加配保育士だったり、補助保育士だったりと名前はいろいろかと思います。

  7. なんでもかんでも話に割り込んでくる上司の話

    学年同士の話し合いや、幼児クラス、乳児クラスなどの話し合いなど、なんでもかんでも話に割り込んでくる上司がいます。平社員同士で話し合いたいことだってあるのに、「ねえ!今の話、なに?」「なに決めてたの?」などと言ってきます。

  8. 自分以外の意見はすべて否定してくるリーダー保育士の話

    リーダー保育士だったり主任などの上司だったり、自分よりも立場が上の先生が、部下の意見を一切聞かず、自分の意見を押し通してくる状況って辛いですよね。

  9. 担任を差し置いて指示を出す保育士の話

    担任がいるのに、その担任を差し置いて子ども達に指示の言葉を出す保育士さんがいます。ストレートに言うと、とてもやりにくい(笑)例えば、行事があるため、遊戯室やホールなどの広い場所へ集合することがありました。

  10. 担任のおいしいところを横取りする上司の話

    クラス担任を任されるのは、大変ではありますが、自分の保育力を向上させることもでき、子どもたちの成長を間近で見ることができるので、楽しい面も多いです。

保育士転職サイトランキング